ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2013.12.16 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.11 Thursday

Number # 1: The Story of APOEL FC 

Do you know where Cyprus is? 英語で言う「Cyprus」はどこの国のことかわかりますか?正解はキプロスのことで、私も日本語で初めて聞いたとき、どこの国のことが全くわかりませんでした。キプロスは、1960年にイギリスより独立した、トルコの近くに位置する独立国で、島の大きさは日本の四国の半分程の大きさです。イギリス人に人気ある観光地としてよく知られているのですが、昨年キプロス国内のサッカーチームがEUFAチャンピオンズリーグで、予想外の躍進を見せ、島にサッカーブームを沸かせたことで世界に大注目されました。今回はその「Giant Killer」について紹介したいと思います。 〜チーム練習でアップするApoel FCの選手たち〜 

 現在キプロスの代表チームはFIFA世界ランキングで135位、メジャートーナメントに出場を果たしたことのない小さなチームなのですが、キプロスサッカー協会により実行されているリーグは2部まであり、その1部、ファースト・ディビションに所属するアポエルFCが大躍進を見せました。2011/2012年チャンピオンズリーグ、キプロスのチームとして初めてグループ予選を突破し、みごとヨーロッパのベスト8まで進出したのです。 キプロスはギリシャからの移民が多いため、アポエルFCで活躍するキプロス人やギリシャ人の数は少なくないのですが、主に西ヨーロッパや南米の選手を積極的に起用し、国際的なメンバーを揃えています。しかし、世界に知られるようなスター選手はいません。チームの先頭に立つのがイヴァン・ヨヴァノヴィッチ監督。セルビア人の指導者であり、昨年の3月、オリンピックリオン(フランス)を相手にチャンピオンズ・リーグベスト8を決めるホームレグの一戦で、彼はチームを大きなミラクルに導いたのです。アウェーのファーストレグが1−0でオリンピックリヨンが勝利したものの、セカンドレグではアポエルFCが1−0で勝利し、2試合合計1−1のため延長戦、そしてその後PK戦でアポエルが4−3で制し、まさかのベスト8入りを決めました。
  〜試合を拝見するイヴァン・ヨヴァノヴィッチ監督〜
〜試合を拝見するイヴァン・ヨヴァノヴィッチ監督〜

 試合後アポエルの成功にヨヴァノヴィッチ監督は「これはアポエルの歴史の中で最も重要な夜であり、アポエルFCファンやキプロスのサッカーにとって大きな夜となった。我々は、まさかここまで進出できるとは信じていませんでしたが、自分の力を信じれば、なんでも可能なのです。この勝利は選手やファンのみなさんに差し上げます」と言いました。グループ予選の突破が達成できただけでも大きな話題となっていた小さな島のチームが、まさにヨーロッパ8強に入り、準々決勝ではレアル・マドリードとの対決が決定しました。 〜ゴールをチームメイトと喜ぶMFのネクタリオス アレクサンドル選手〜 
〜ゴールをチームメイトと喜ぶMFのネクタリオス アレクサンドル選手〜 

One year later:それから1年が経ちますが、ヨヴァノヴィッチ監督の下でアポエルFCは2年ぶりのリーグ優勝に向けて国内で取り組んでいます。現在、キプロスは実はギリシャと同じく、景気が非常に悪く、ヨーロッパで失業率が高い一つの国なのですが、そんな経済状況のなかで、国民の元気を引っ張っているのがアポエルFCの活躍なのです。残念ながら今年はチャンピオンズ・リーグに出場できなかったですが、早くて来年復帰してもらい、キプリスの誇りとして、「Giant Killer」として輝いてほしいです。 アポエルがヨーロッパベスト8の切符を手にした瞬間: http://www.youtube.com/watch?v=2K_q5UXEUYc
Powered by
30days Album
PR