ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2013.12.16 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.12.16 Monday

Boxing Day Match Day ~ボクシングデイ~

久しぶりのプラネットフッティーになりますが、プレミアリーグや、その他の欧州の各リーグが開幕してから、もう16節が経ちました。これから正月にかけて、イングランドのプレミアリーグは年間で最も試合数が多いクリスマス時期に入り、12月だけで6-7試合も行うのです。試合数が最も多いこの時期に多く勝点を積み重ねられるチームが、年間王者となる可能性が高いと言われています。

新年を迎えたら、次は1月1日の「New Years Day」にも試合が行われ、イギリスでも「初蹴り」ということでとても盛り上がります。更に3日後には、FAカップ3回戦が行われ、ジャイアントキリングの舞台として注目されます。

イギリスが盛り上がる一方、この時期同じヨーロッパのドイツはどうかというと、試合が一切行われず、選手たちも冬休みに入ります。もちろん、中には後半戦に向け、フォームを整えるため、キャンプ・合宿へ行ってくるチームは少なくないのですが、ドイツはイギリスと違い、クリスマス期間中は公式試合を行いません。ヨーロピアンフットボールは日本と全く違う年間スケジュールで試合が行っていることは皆さんご存知かと思いますが、こうやって同じヨーロッパでも、各リーグによって、シーズンの進め方が様々あります。

12月の試合数が特に多いのがイギリスの特徴なのですが、その12月中に行われる試合の中で、グラウンドまで足を運ぶ観客が多いと言われているのが、クリスマスの翌日、12月26日のボクシングデイ(イギリスの祝日)に行われる試合です。

「ボクシング」といっても、スポーツのボクシングではありません。これはもともとクリスマス中に働かなければいけない人や郵便配達員のための休日で、彼らにも箱「Box」に入ったプレゼントが渡されたことに由来があります。

ボクシングデイにイギリスでは何をするかと言うと、冬のバーゲンセールが始まる日としても有名なので、女性はとにかく買い物に出かけます。そして男性は男性同士でお酒飲みながら、一日サッカーを見るので(男性だけには限らないですが!)とはいっても、プロの選手達はクリスマス時期にも休みは取らず、年末年始も練習に励んでいます。

私は今年日本でクリスマスを過ごすことになりますが、もちろん日本の家から試合を観戦します。今年のプレミアリーグの優勝争いは激しく、今年も寒い寒い12月を熱く盛り上げてくれるのではないかと思います。

私が心から応援するチームも絶好調。ボクシングデイでの勝利をきっかけに、「TOP 4」を目指したいですね。

この時期のプレミアリーグをお見逃しなく!Merry Christmas everybody!!


                                                       
                                                                                       Image courtesy of SkySports
Powered by
30days Album
PR